鳥取砂丘は早朝に行くのがおすすめ!とっても美しい風紋が見れるかも

レジャー・観光

鳥取県でイチオシの穴場観光施設はずばり鳥取砂丘です。

鳥取砂丘は昼間ではなく、深夜~早朝にかけて行くのをおすすめします。

誰もが知る鳥取県の日本海海岸に広がる海岸砂丘として、有名な観光スポットですね。

観光雑誌などに紹介されている鳥取砂丘の写真を見ると、昼間の観光客の足跡だらけの写真が多いです。

でも、早朝の誰の足跡もついていない、風紋が現れた鳥取砂丘は幻想的で本当にキレイなので、ぜひ自分の目で見ていただき、自分の足跡しかついていない砂丘を、堪能していただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

鳥取砂丘へ早朝に行くときの注意点

 

まずアクセスですが、深夜~早朝になるので車かバイク(もしくは自転車…)に限られてしまいますが、鳥取砂丘の周りには無料の駐車場がいくつかあります。

深夜でも停めることが可能なので、駐車場探しには困ることはありません。

 

また自販機や公衆トイレ(ベビーベットや車いすの利用も可能)の利用は可能でしたが、お店は全部閉まっています。

ので、食事やお土産は楽しむことができず、観光用のリフト(9:00~16:00)も利用することができないため、ご注意ください。

 

また観光用のラクダに乗っての遊覧をしたい!

砂の美術館に行きたい!

パラグライダーをしたい!

という場合は大体9時から10時頃開始になるため、早朝の砂丘を楽しんだ後に仮眠するなり、どこかで朝食を食べてから、再度やってくるという計画を立てていただき、うまく調整していただければと思います。

スポンサーリンク


鳥取砂丘の早朝の楽しみ方

 

実際に私が鳥取砂丘に行ったのは、6月下旬で自家用車にて訪問したのですが、夜中の3時に駐車場に到着し、空を見上げると、満点の星空が!!

星については特に期待もしていなかったのですが、鳥取砂丘の周りは高い建物が何もなく街灯も少ないので、私が行った時は天の川を見ることができました。

 

星空が見えるかどうかは天気次第ですが、周りに何もないため、広大な夜空に色々な星が見えます。

星座早見表を持っていくと星座の勉強にもなり、より楽しめると思います。

 

また日の出や風紋を楽しみたい場合は、訪問する時期の日の出時間をしっかり調べてから、計画を立ててくださいね。

私の訪問時は5時前が日の出時間で、空が少し白んできた頃を狙って、鳥取砂丘を進んでいったのですが、結構暗いです。

この時間帯に行かれる際は、ライトの持参と歩きやすい靴をおすすめします。

 

砂丘を歩いているうちに、どんどん空が白んで周りが明るくなってくるので、自分の前には足跡がついていない砂丘が、後ろを振り返ると自分の足跡だけがついた砂丘が広がる・・・

という幻想的な光景を見ることができますよ。

 

私が行った時は、風紋(砂紋のうち、風によって地表に形成されるもの)も見ることができ、おまけに誰もいなかったので、さらに幻想的な光景を堪能することができました。

なお、日の出あたりからはポツポツと人がやってきていたので、時間には余裕を持って、計画的に動くことをおすすめします。

 

星空も風紋も、天候によって見ることができるかできないかは、わからないところではあるのですが、足跡がついていない砂丘だけでも、十分に見る価値はあると思うので、鳥取に観光に行かれる際は早朝の鳥取砂丘もぜひご検討いただければと思います。

 

そして自分以外の誰の足跡もついていない状況を写真に残そうとする場合は、同行者と離れてお互いの足跡が写り込まないようにしましょう。

こちらについても歩き出す前に計画を練って、いかに幻想的な写真を残すか?ということも楽しんでください。

 

夜はかなり暗い上に通常は寝ている時間帯となるため、小さなお子さんを連れていくのは、難しいかもしれないですね。

その点は、考慮しながらよく計画されることをおすすめします。

鳥取に観光に行かれる際はぜひ深夜~早朝の鳥取砂丘もご覧いただければ幸いです。

コメント