鴨川シーワールドの海獣ショーは圧巻!ずぶ濡れ体験やってみよう

レジャー・観光

鴨川シーワールドは、海の生き物と身近に触れ合える水族館です。

特にシャチ、イルカ、ベルーガ、アシカの海獣ショーは人気があり、子どもたちだけでなく大人にとっても良い思い出になるでしょう。

割引となる入園券もあるようですので、連休や夏休みに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

鴨川シーワールドの基本情報

 

鴨川シーワールドは千葉県鴨川市にあります。

休業日は基本的にありません。

開館時間は9時から18時まで(入場は17:30まで)となっています。

 

入場料金は大人2,800円、
高校生・大学生・専門学校生は2,200円、
4歳~中学生までが1,400円、
65歳以上の方は2,100円(2018年4月からは2,200円)となります。

 

営業時間は日よってまちまちです。

開場は朝の9時または10時、冬季は16時、遅くても17時までとなります。

 

なお、隣接するシーワールドホテルの宿泊とセットになった、夜のシーワールドが楽しめるプランも用意されているので、ご興味のある方はそちらもチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

鴨川シーワールドではシャチのショーがおすすめ

 

なんといってもここではシャチ、イルカ、ベルーガ、アシカと4種類の海獣ショーが楽しめる国内屈指の施設です。

 

シャチのショーは迫力満点、夏は席によってずぶ濡れ体験ができます。

それはもう半端なものではありません。

何しろあのシャチが、海の食物連鎖の頂点に位置するシャチが、直近で飛び跳ねてくれるのです。

 

とんでもなく濡れるので、そうなったとしても平気な服装は必須です。

あと、カメラやスマホなどの電子機器をお持ちの場合は注意してくださいね。

下手をすると壊れますよ。

 

魅力は海獣ショーだけではありません。

ペンギン、熱帯魚、ペリカン、ウミガメなどさまざまな海に関係する生き物たちが出迎えてくれます。

うっかり時間が経っていることを忘れてしまいかねません。

鴨川シーワールドへのアクセス方法は?

 

まず、公共交通機関でのアクセスについて紹介したいと思います。

都心からは高速バスが断然便利です。

東京駅、千葉駅からそれぞれバス便が出ています。

それから、木更津金田バスターミナルで乗り換えて向かうことも可能です。

 

お得なセットも用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

鴨川シーワールドの前に止まってくれるので本当に便利です。
(稀に多客期には道路が渋滞している関係でJR安房鴨川駅からの無料送迎バスになることもあるようですが。)

 

マイカーでお越しの場合、海ほたるPAから約1時間10分で到着する距離です。

館山自動車道君津ICを降りて房総スカイライン(無料)と鴨川有料道路を経由して進むのが一番わかりやすいと思います。

夏休み等の多客期には近隣の道路が渋滞するのでご注意下さい。

スポンサーリンク


お得な割引情報

 

いろいろな割引プランが用意されています。

何といってもお勧めは高速バスとのセット。

東京駅八重洲口からの場合、バラバラに購入すると合計で7,700円かかるところが、セットで5,500円です。

しかもこのバスは1時間に1本のペースで出ているのでお手軽に利用できます。

 

その他にも、2daysチケット、東京ドイツ村とのセット券などいろいろ用意されているので、詳しくはシーワールドのウェブサイトをチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

一番お手軽な割引の手段は、コンビニやレストランの店頭にある割引券ではないでしょうか。

結構な確率で遭遇しますから、これはどこに出かける場合も共通したことではありますが、遅くても数日前から心の準備はしておいた方がいいですね。

おすすめのランチは?

 

園内にレストランは3つあります。

シャチを眺めながら食事ができる本格的なレストラン「オーシャン」、カジュアルなフードコート「マウリ」、そしてビュッフェスタイルの「サンクルーズ」です。

ちなみにこのビュッフェは、併設されているシーワールドホテルの中にあります。

 

なお、多客期にはさまざまな屋台も出ているので、そちらをはしごしてお腹を満たすことも可能です。

一緒に回っておきたい近くの観光名所は?

 

春は近隣の農場でいちご狩り、夏は海水浴が楽しめます。

 

変わった観光施設としては、1180年に挙兵したものの戦いに敗れた源頼朝を匿った縁で、それ以来個人で領有している島「仁右衛門島」があります。

手漕ぎ船で島まで渡り、島内の自然を満喫されてみてはいかがでしょうか。

 

勝浦まで足を伸ばして、「かつうら海中展望塔」を訪れてみるのも面白いと思います。

こちらは自然の海をガラス越しに覗くことができる施設です。

コメント