カップヌードルミュージアムはおみやげが楽しい!自分だけのカップめんを作ろう

レジャー・観光

今回ご紹介するのは、神奈川県横浜市にある観光スポット、カップヌードルミュージアムです。

誰もが一度は口にしたことがあるカップヌードル・・・

手軽で美味しくって、値段もお手頃。

最初に作った人は、すごいね~と思いませんか?

カップヌードルの歴史がわかりますよ。

 

スポンサーリンク

カップヌードルミュージアムの基本情報

【CUPNOODLES MUSEUM】

所在地、神奈川県横浜市中区新港2-3-4

開館時間、10時〜18時

入館料、大人500円 高校生以下は入館無料

休館日、火曜日

 

【アクセス】

みなとみらい線「みかとみらい駅」又は「馬車道駅」より徒歩8分、JR市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩12分

 

駐車場、40台(近隣にも有料パーキングあり)

注意!!土日祝日は近隣も含め、駐車場がすぐに満車になってしまうので、公共の交通機関がお勧めです。

カップヌードルミュージアムのみどころ

こちらの施設では、インスタントラーメンの父と呼ばれた安藤百福氏が、インスタントラーメンを発明するまでの軌跡が全て分かります。

 

・インスタントラーメンヒストリーの展示
・百福シアター
・百福の研究小山の展示
・安藤百福ヒストリー
・マイカップヌードルファクトリー

など、様々な展示や体験をする事ができます。

インスタントラーメンヒストリーでは、今まで知らなかった珍しい味のカップ麺や、今ではもう販売していない味のヌードルなども展示してあり、とても楽しいです。

 

百福シアターや安藤百福ヒストリーでは、百福がカップ麺に込めた思いや、それを世の中に広めるためにした様々な努力と苦労を映像で見ることが出来ます。

スポンサーリンク



自分だけのオリジナルカップヌードルを作ろう!

中でもオススメなのは、カップヌードルの味と具材を自分で選び、自分だけのオリジナルカップヌードルを作れる、マイカップヌードルファクトリーです。

 

自動販売機で専用のカップを購入したら、自分でカップのデザインを書きます。

そして、スープと具材を選び、梱包してもらえば完成です。

土日や祝日は混んでいて、午前中で整理券が無くなってしまったりするので、早い時間に行くのがおススメです。

 

マイカップヌードルファクトリーの他にも、チキンラーメンファクトリーという施設も入っており、こちらでは、チキンラーメン作りが楽しめます。

ただ、チキンラーメンファクトリーは小学生以上の利用で、さらに事前の予約が必要となっています。

 

ランチ・おみやげなど

こちらの施設では安藤百福氏がめんのルーツを探る旅「麺ロード」で出会った8カ国のめんの味を楽しめる【ワールド麺ロード】というレストランも併設されており、様々な麺料理が楽しめます。

どれもハーフサイズ300円と低価格なので、数種類頼んで食べ比べるのも楽しいです。

 

また、数量限定で「謎肉丼」も販売してありました。

私が行った時は限定20食となっていて、お昼過ぎに着いた時にはもう完売になっていました。

興味のある方は早めの利用をお勧めします。

 

また、カップヌードルパークという子供の遊び場も館内にあります。

こちらは時間制で別料金ですが、自分が麺になったつもりで様々な工程を体験しながら遊べます。

小学生以下の子供には大人の付き添いが必要ですが、幼稚園児でも楽しく遊べる施設です。

 

1階ではお土産を販売してあります。

カップヌードルはもちろんのこと、お菓子や文房具、ハンカチなどもあり、どれも可愛くて欲しくなってしまいます。

 

カップヌードルのセットを購入したのですが、贅沢とろみフカヒレスープ味など普段お目にかかれない味もあるので、是非購入してみてはいかがでしょうか。

 

こちらのショップも土日となれば大混雑で、GWに行った時には店内は人で溢れ、レジでは30分待ちとなっていました。

上手く空いている時間を見つけて買うのが良いと思います。

 

カップヌードルミュージアムの周辺には、横浜ワールドポーターズ、パシフィコ横浜、ランドマークタワー、赤れんが、コスモワールドなど様々な観光スポットがあります。

少し足を伸ばせば横浜中華街もあるので、買い物から食事まで、朝から晩まで一日中楽しく遊べると思います。

コメント