たけのこのレシピで便秘を改善ー食物繊維たっぷりの野菜です

料理レシピ

5月・・・新物のタケノコの旬の時期ですね。

タケノコの水煮は年中出回っていますが、旬の生のタケノコの味はまた格別です。

とはいえ、旬の時期は短いので逃さず食卓に登場させましょう。

タケノコ掘りに行ったり、生のタケノコを買ったりすると、下茹でが少し面倒ですが、慣れると意外と簡単です。

 

スポンサーリンク

タケノコの茹で方

 

1、タケノコの下の固い部分を切り、皮をむく。
(たけのこの真ん中くらいから上に包丁で縦に切り目を入れるとくるんとむけます)

2、鍋にたけのこを入れ、かぶるくらいの水を入れる。

3、米ぬかを1つかみいれる。(なければ、米のとぎ汁で茹でてもOK)

4、鍋を火にかけ、沸騰させたら火を弱めて、たけのこに竹串がすーっと通るくらいまで茹でる。

では、たけのこのレシピをご紹介します!

スポンサーリンク


「たけのこときのこのホイル焼き」

材料は、茹でたけのこ、きのこ(しいたけ、しめじ、エリンギ、まいたけ、えのき茸などお好みで)、バター、醤油です。

 

1、たけのこ、きのこはそれぞれ食べやすい大きさにしておきます。

2、これらをアルミホイルの上におき、そこにバターを包みます。

3、焼き方ですが、フライパンで焼く場合、フライパンの底に1㎝位の水を張り、そこに包んだホイルを置き、蒸し焼きにします。

魚焼きグリルの場合、そのまま網の上に置きます。

オーブントースターも同様に置くだけです。

私はいつも魚焼きグリルで焼いています。

 

もし、バーベキューをされる予定のある方は、ぜひ鉄板の上で焼いてみて下さい。

炭火焼きは本当に美味しいです。

焼けたら醤油をかけて召し上がって下さいね。

 

ちなみに、バター醤油ではなく、七味唐辛しとマヨネーズを混ぜてソースをつくり、それらをかけて焼いてもおいしいですよ。

 

その他に、茹でたけのこをスライスして、そのままアルミホイルに包んで焼き、わさび醤油で食べてもおいしいです。

ポイントとして、たけのこは茹でたあと、一度蒸し焼にし、アツアツを食べるのがおすすめです。

「たけのこのキンピラ」

 

たけのこは若竹煮や、木の芽田楽に向いた穂先の柔らかい部分ではなく、根もとに近い、歯応えのある部分を使います。

 

1、下茹でしたたけのこを、繊維に沿って、太めのせん切りにします。

彩りに人参のせん切りを合わせても良いです。

油揚げのせん切りを加えてると、味馴染みがよくなるので、おすすめです。

 

2、フライパンに油をひいて、たけのこを炒めます。

人参を合わせる時は、たけのこより火の通りが早いので、少し後で加えると良いです。

 

3、全体に油が馴染んだら、調味料を入れます。

中火にしてから、同量の酒、砂糖、醤油を加えます。

 

4、鍋を揺すって全体に味を馴染ませ、グツグツさせながら、水気を飛ばしていきます。

 

5、最後に味醂を適量加え、照りをつけて味を整えます。

 

6、器に盛り付けたら、下茹でしたサヤインゲンを せん切りにしたものを彩りにのせると、ぐっと仕上がりがよくなると思います。

 

たけのこは、穂先から根もとまで、それぞれに向いた調理の方法があるので、無駄なく楽しめる様にしたいと思いました。

たけのこ入りつくね

 

用意するのは鶏ひき肉・筍・玉ねぎ・ネギ・椎茸・生姜・玉子・醤油・砂糖・片栗粉・サラダ油です。

 

1、筍はつくねで包みやすいサイズにカットして茹でておきます。
そして玉ねぎと椎茸をみじん切りにします。

 

2、ひき肉をボウルに入れてみじん切りにした玉ねぎと椎茸、すりおろした生姜、玉子を入れて混ぜ合わせます。

 

3、混ぜ合わせたら次に砂糖と醤油を少量加えて味をつけます。

 

4、具材が完成したら下茹でしておいた筍をつくねで包んでいきます。

うまく包めたら片栗粉を少量まぶします。

片栗粉をまぶす事により形崩れを防ぐ効果とタレをつけた時にトロミがでます。

 

5、ここまで出来たらフライパンにサラダ油を入れて焼いていきます。

 

6、つくねを焼いている間に他のお鍋でタレを作ります。

熱した鍋に醤油と砂糖を入れ焦付かないように煮詰めていきます。

お好みで唐辛子を入れても美味しいです。

 

7、つくねが焼けたらタレを絡めて最後にネギをかけると美味しいですよ。

「たけのことアスパラのグラタン」

作り方…

1)薄切りにした玉ねぎをバターで炒め、一口大よりも小さく切った鶏もも肉としめじを加えてさらに炒め、塩・こしょうで味付けします(もも肉の代わりに鶏ひき肉でもOK)。

 

2)別の鍋にバターを溶かし、小麦粉を少しずつ加えてホワイトソースを作ります。
牛乳と豆乳を半々の割合で加えて、コクが出すぎないようにします。
とろみが出たら塩こうじとこしょう、しょうゆ少々で味付けします。

 

3)薄切りにしたたけのこと斜め切りにしたアスパラを軽くゆがきます。

 

4)マカロニを少し固めにゆでます。

 

5)オーバル型の耐熱皿に2)と1)と4)をこの順番で交互にのせ、最後にたけのことアスパラを上から見えるように敷き詰め、とろけるチーズと粉チーズをのせます。

 

6)オーブントースターで表面が軽く焦げるまで焼いたらできあがり。

 

たけのことアスパラのほかに、菜の花やふきのとうなどをのせると、より春らしい雰囲気になります。

好みで、マカロニをポテトフレークに換えてポテトグラタンにしても美味しいです。

スポンサーリンク


「男の子も満足!たけのこ肉巻きフライ」

 

①たけのこは串が通る位まで煮ておきます。

 

②煮たたけのこ(細長くでも、一口サイズでも好みで)に豚バラ肉を巻く

 

③衣を着けます。小麦粉→卵→パン粉(好みで青のり、ゆかり、パセリを入れても美味しいです)

 

④こちらを着けたら、油で揚げます。

たけのこは煮て柔らかいので、豚肉に火が通り、衣がサクッとすればたけのこ肉巻きフライは出来上がりです。

ソースでも、タルタルでもポン酢でも好きな物をかけて召し上がれます。

 

もう少しアレンジ→たけのこと豚肉を巻くときにチーズを入れたり大葉も一緒に巻くのもお酒のおつまみなどに良いと思います。

溶けるチーズとトマトソースでチーズカツレツの様にするのも、おしゃれで小さいお子さんも喜んで食べてくれると思います。

勿論さっぱり大根おろしもあいます!

 

アレンジは沢山出来るので、余っている具材や調味料、お酒、その日のおかずに合わせて作ってみてはいかがでしょうか?

料理レシピ
スポンサーリンク
前へ向かって一歩

コメント