赤ちゃんにテレビは本当に悪影響なのか?

育児のお話あれこれ

今回は赤ちゃんにテレビは悪影響なのか?というタイトルで色々と調べてみました。…

とは言っても、毎日の忙しい家事の合間に、赤ちゃんが数分でも大人しくテレビを見ていてくれたら、どんなに家事がはかどることか…。

特に夕方の忙しい時間、夕飯作りの時間に大人しくテレビを見ていてくれるなら、母としては好都合。

私は特にNHKの幼児向け教育番組が放送されている時間は、たいていテレビを見せちゃってます。

 

しかし、果たして、それって体とか脳とか発育面で問題は無いのでしょうか?成長していくうえで赤ちゃんに悪影響は無いのでしょうか?ふと、気になったので少し調べてみました。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが、何故テレビに夢中になるのか?

 

特に視力と聴力が発達し始めた6ヶ月頃から、赤ちゃんは日常生活の中で聞こえてくる音や、目の前に広がる景色や光など、様々なものから刺激を受け、どんどん脳が発達していきます。

そんな中で、テレビで流れる映像や音楽などは、赤ちゃんにとっては、日常生活では感じることのない強い色彩や光、音であるといえます。

そんな強い刺激を感じることで、赤ちゃんは半強制的に強い興味を持ちます。夢中になるのも無理はありません。

 

テレビに夢中になるのは悪いことなのか?

最近では、テレビの強い刺激を毎日、長時間受けることで言語能力や考える能力等、脳の発達に悪影響が出るという事が言われています。

それが、たとえNHKのような教育番組であっても、録画を何度も流し続けるような長時間の視聴は、良くないと言われています。

赤ちゃんとテレビの付き合い方

 

いくら、テレビが悪影響だからといって、全く見せないで子供達が大きくなるのは今の時代、なかなか難しいと思います。

では、子育てをしていくうえで、テレビとどう付き合っていけばいいのでしょう?

 

テレビを見せながら家事をする時でも、たまにお子さんに声掛けをしてあげたり、歌が流れていたら、一緒に歌ってみたりと…テレビを見ながら、お子さんとコミュニケーションを取ってあげるといいそうです。

また、テレビをムダにつけっぱなしにするのでは無く、時間を決めて見るようにするといいでしょう。

 

子供達が起きている時間に大人の番組を見るのにも、ボリュームを大きくし過ぎないようにして、家族の会話も楽しみながらテレビを見るのがいいでしょう。

もし、可能であれば大人の見たい番組は、録画などをして子供達が寝静まった頃に見るのも一つの工夫かもしれません。

スポンサーリンク


テレビに限らずスマホやパソコン、テレビゲーム等にも同じ

 

今回取り上げたのは、テレビの視聴に関する事でしたが、便利なメディア機器が普及している現代ではテレビに限らず、スマートフォンやパソコン、テレビゲームなど、他のメディア機器でも同じことがいえると思います。

 

私の見解ではありますが、要するには日中育児を中心的に行っているお母さん、お父さんが赤ちゃんとのコミュニケーションをおろそかにして、テレビやスマートフォンの動画ばかりに、頼りすぎることが問題なのかと思います。

 

赤ちゃんと家族とで、一緒に笑ったり、手遊びをしたり、お話をしたりとたくさんのコミュニケーションを取ることで、赤ちゃんの情緒も安定するとともに、脳の発達にも良い影響があるのでしょう。

 

必ずしもテレビが悪影響というわけではなく

 

先に書いたように、テレビに頼りすぎな育児は問題ですが、だからといって大きくなるまで全くテレビを見せないなど、徹底的なルールを決めすぎるのも極端・・・

お母さんが育児疲れになってしまうのも問題なので、赤ちゃんへのメリットとデメリットを理解して、家族で続けていけるようなルールを決めることが大切かもしれませんね。

コメント