秋田県 観光シニアにおすすめのコース

レジャー・観光

秋田県のオススメ・イチオシ観光スポットを、秋田新幹線の”こまち”を利用して旅行してきました。

秋田市から男鹿半島にかけては、車で1時間ほど・・・

有名な観光地は数多いですが、その中からシニア世代のご夫婦が、実際に行かれて皆さんにもおすすめのコースをご紹介します。

海・山・自然に恵まれた秋田市~男鹿半島を堪能してくださいね。

 

スポンサーリンク

秋田県観光 「千秋公園」について

秋田駅から徒歩10分のところにある、秋田藩主佐竹氏ゆかりの久保田城址を公園化した「千秋公園」・・・

秋田(久保田)藩佐竹氏の居城だった・久保田城の城址で、本丸、二の丸跡に当時の面影が残り、平成元(1989)年、本丸に御隅櫓、平成13(2001)年に表門を復元し、御隅櫓の展望室からは秋田市内が一望できます。

住所:秋田県秋田市千秋公園1-1

交通アクセス:

(鉄道)JR秋田駅を下車して徒歩10分
(車)秋田道秋田中央ICから15分、駐車場あり

料金:入園自由(御隅櫓は入館100円)

時間:入園自由(御隅櫓は9時~16時30分)

休み:入園自由(御隅櫓は12月1日~3月末)

スポンサーリンク


秋田県観光 「秋田市立佐竹史料館」

さらに千秋公園の中にある施設で、藩政時代の秋田や、秋田藩主佐竹氏に関する資料を収蔵、展示している「秋田市立佐竹史料館」を見学しました。

佐竹史料館は、千秋公園のなか(久保田城二の丸)にあります。

公園内には、見張り場や武器の保管庫としての役割を持っていた御隅櫓や、物頭の詰め所であった御物頭御番所などがあります。

これらの施設と連携して佐竹氏関連の資料を展示するとともに、秋田の藩政時代を紹介しています。

 

住所:秋田県秋田市千秋公園1-4

交通アクセス:

(鉄道)JR秋田駅を下車して徒歩10分
(車)秋田道秋田中央ICから7km、駐車場なし

料金:入館100円

時間:9時~16時30分

休み:不定休(展示替え時の臨時休館あり)

 

秋田県観光 「男鹿水族館GAO」

そして、秋田市から男鹿半島の方へ足を延ばして、JR男鹿駅からタクシーで約1時間で男鹿市内に入り、日本海の海際という絶好の位置関係に建つ水族館の「男鹿水族館GAO」もおすすめです。

 

水族館のエントランスを抜けると約40種類2000点もの魚が泳いでいます。

「男鹿の海大水槽」が現れて、他にも秋田県魚ハタハタをはじめとした国内外の生物を展示・・・

 

日本海を見渡せるレストランや人気のホッキョクグマグッズを扱うミュージアムショップも人気ですので、のぞいてみることをオススメします。

 

住所:秋田県男鹿市戸賀塩浜

交通アクセス:

(鉄道)JR男鹿駅を下車して(車)男鹿半島あいのりタクシーなまはげシャトル(完全予約制)で1時間、発着所:男鹿水族館GAO入口前下車、徒歩すぐ

(車)秋田道昭和男鹿半島ICから国道101号経由43km、駐車場あり

料金:入館大人1100円、小・中学生400円、幼児無料

時間:9~17時(季節により変動あり、最終入館は閉館30分前)

休み:1月下旬にメンテナンス休業あり

 

秋田県観光 「ゴジラ岩」について

それから「ゴジラ岩」と呼ばれる、シルエットがゴジラに似ているということで、命名された岩をみにいきました。

以前、山の形が木々のせいで、そのシルエットがゴジラに似ているというものは、聞いたことがありましたが、男鹿のゴジラはそっくりで今にも動きそうでした。

男鹿半島の南磯の潮瀬崎にある岩で、道路脇にある看板に従って海岸に下り、潮瀬崎灯台に向かって歩くと右手に現れてきます。

 

住所:秋田県男鹿市船川港門前

交通アクセス

(鉄道)JR男鹿駅を下車して(バス)秋田中央交通バス門前行きで30分、
:帆掛島バス停を下車して、徒歩5分

(車)秋田道昭和男鹿半島ICから県道59号経由45分、駐車場なし

料金:見学自由

時間:見学自由

 

秋田県観光 「男鹿国定公園」

そうして、日本海に面したダイナミックな国定公園の「男鹿国定公園」で自然の景観ににふれてきました。

男鹿半島の、日本海に面した強烈な景観の海岸線から、標高355mのなだらかな寒風山までの広域にわたる国定公園です。

戸賀湾の東側に位置する八望台からは一ノ目潟や日本海が、寒風山山頂にある回転展望台からは、日本海や入道崎をはじめとして、鳥海山から白神山地までを一望することができます。

 

住所:秋田県男鹿市

交通アクセス:

(車)秋田道昭和男鹿半島ICから国道101号経由25分で男鹿総合観光案内所に着、駐車場なし

 

今回の秋田県の旅は、シニアにもおすすめの、秋田市内から男鹿半島の旅でした。

コメント