ヒートショックを防ぐこんな対策ー高齢者や持病のある人は気をつけて!

お役立ち情報

皆さんは、「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?

最近では、メディア等でも取り上げられることが多くなってきたので、耳にしたことのある方もいらっしゃるかと思います。

寒波到来とニュースで流れるこの冬も、小さなお子さんから高齢者の方まで、幅広く注意していただきたい現象です。

 

特に、このヒートショックの影響を受けやすいのは高齢者と言われていて、高血圧や糖尿病の病気をもつ人、動脈硬化のある人は細心の注意が必要です。

 

また、肥満気味の人や呼吸器官に問題があり、睡眠時無呼吸症候群などを持つ人や、不整脈がある人なども、影響を受けやすいと言われているので、要注意!

この記事を読んで、是非、冬のお風呂の習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ヒートショックってどんな症状?

ヒートショックとは、急激な温度差の刺激がもたらす身体への悪影響のことです。

その急激な温度変化により、血圧が大きく変動することで、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすし、突然死する場合も。

その数も驚愕、年間1万人以上にのぼります。

こんな人が危ない!

◼︎ヒートショックの影響を受けやすい人って?どんなひとでしょうか。

・ 65歳以上

・ 高血圧・糖尿病・動脈硬化の持病がある

・ 肥満気味

・ 睡眠時無呼吸症候群など呼吸器官に問題がある

・ 不整脈がある

・ 自宅の脱衣所や浴室に暖房器具がない

・ 熱いお風呂が好き

・ 飲酒後に入浴することがある

 

若い人の場合は、血管壁が柔らかいため、急激な温度変化があっても、身体が順応できると言われていますが、上記の人は対応できない可能性も・・・

家族の中に該当する方がいれば、みんなで対策するようにしてみましょう。

◼︎今すぐ出来るヒートショック対策って?

 

・脱衣所や浴室に暖房器具を用意する

特に脱衣所は寒いというご家庭が多いと思いますが、一番簡単な対策方法です。

 

・浴室全体に温かいシャワーをかけておく

浴室にはなかなか暖房器具を用意できないと思います。

そんな時は、浴室全体に温かいシャワーをかけたり、浴槽のフタを開けておくことです。

特に温かいシャワーを全体にかけておくことは、思っている以上に温まるものなので、ぜひお試しいただきたい対策方法です。

 

・シャワーやお湯の温度に気を付ける

特に、湯船に入る前に、手や足といった末端の部分から掛け湯をするなどして、徐々に体を温めていくことが大切です。

 

・飲酒後に入浴しない

一杯飲んで、ほろ酔い気分での入浴は、正直、気持ちがよいものです…。

しかし、飲酒すると血管が広がって血圧が下がります。

そんな状態で急に血圧が上がるようなことをすると、よりヒートショックの危険性が高まるので、気持ちがよいとはいえ、気をつけていただきたい所です。

 

・入浴の前後にはコップ1杯程度の水分を補給する

思っている以上に乾燥しているこの時期は、特に水分補給は大切です。

コップ1杯の水分補給は習慣化して、脱水を防ぐことを忘れずに!

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

12月から、2月までは特に注意が必要なヒートショックですが、ヒートショックは冬だけに起こるとは限りません。

 

夏に起こるヒートショックは冬の逆で、冷房の効いた室内から急に暑い外へ出ると体への負担が大きくなります。

まさに冬場と同じ条件ですよね?

 

1年を通して、注意が必要なヒートショック現象ですが、お風呂が大好きなご家族みんなが笑顔で幸せでいれるよう、ちょっとした工夫や対策を忘れずに・・・

コメント