体力を消耗する咳を止めるこんな方法ー薬を飲めない人も試してみよう

健康

風邪を引きやすい季節、気管の弱い人は要注意ですね。

さらには、アレルギーでも咳が続く時があります。

つらい咳を止めるいい方法はないでしょうか?

薬で止めるのは簡単かもしれませんが、なるべく薬に頼らないで対処する方法を探ってみましょう。

スポンサーリンク

咳をするとこんなにカラダに負担がかかる!

咳は、口から入る、ほこり・煙・ウイルス・花粉などを体内に入れないようにする、人間の素晴らしい防御反応です。

また、気道にたまったタンを体外へ出す役目があります。

 

しかし、風邪や喘息などとなると、なかなか咳が止まりません。

そうなると、カラダも咳によって体力を消耗します。

 

咳が出るとまず、寝る前と起きたときに出やすいので、睡眠不足になります。
それが続くことが一番体に支障をきたします。

 

次におなかの筋肉を使うので筋肉痛になり、ぎっくり腰や、あばら骨を折る人もいます。

 

咳が出てなかなか止まらないときは、風邪、喘息、気管支炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、心不全、胸膜炎、肺がん、結核などを疑う必要があります。

スポンサーリンク


咳を止めるには?薬を使わないこんな方法

 

そこで、咳を止めたいときに薬ではなく、なにか他にないものでしょうか?

 

咳の時に良い食べ物=レンコン、はちみつ、レモン、ショウガ、大根、かりん、パイナップル

 

咳の時に悪い食べ物=刺激物、香辛料の効いたもの、アルコール、チョコレート

などがあります。

 

咳に効く民間療法

  • 生のレンコンをすりおろして、その汁にお湯を少し入れて飲む。
  • 大根をうす切りにして、瓶に入れ、はちみつを入れておくと大根から汁が出る、その汁を飲む。(ただし、はちみつは1歳未満の乳児には、摂取させないでくださいね)
  • 花梨を砂糖漬けにしておいて、その果汁をお湯で割って飲む。

などがあります。

 

咳に効くツボというものもあります。

天突と言って、気管やのどの症状を改善するときに使うツボです。
両鎖骨の真ん中のくぼみ、中指で下に向かって軽く押します。

 

もう一つ尺沢と言って、咳のほか、喘息などによく使われるツボです。
肘を曲げたときに出来るしわの親指側の固い筋の外側、親指で円を描くように押す、
座ってやる。

 

その他

  • 部屋の湿度を60~70%にする。(加湿器を上手く利用しましょう)
  • 枕を高くして眠る。
  • 水分を取る。(温かい飲み物がおススメです。湯気でスチーム効果も!!)
  • マスクをする。
  • 首にタオルを巻いて寝る。つまり喉や背中を温めましょう。

saya16010436img_5049_tp_v-320x238

市販の咳止めには注意点も

 

どうしても、すぐに咳を止めたい、咳がひどくて夜も眠れないとなると、やっぱり薬を使わなくてはならない場合もありますね。

しかし、市販の薬も根本的な原因を治すのではなく、あくまで対処療法であることをお忘れなく。

 

ドラッグストアなどでは、種類も豊富に咳止めが売っていますが、注意点もあります。

 

咳を鎮める成分には、「麻薬性鎮咳成分」というものがあって、多量に飲んだり、常用していると、依存性が生じる成分があります。

 

まず外箱を見て、リン酸コデイン、リン酸ジヒドロコデインなどと書かれていたら、注意して習慣的に飲まないようにしましょう。

あと、漢方薬なども薬剤師や登録販売者に相談して、選んでみるのも1つの方法です。

咳のエチケット

 

咳をすると、2~3mウイルスが飛びます。

そこで、咳をするときは、

  • ハンカチやテッシュで口と鼻を覆い咳をする。

 

  • マスクを着用するときは、装着法を読む。

 

  • なるべく、人から離れて咳をする。

 

  • 痰を出すときは、テッシュに出して、蓋つきのごみ箱に入れる。

 

などは、自分で気をつけることができるので、つらいときですが、気をつけたいものです。

 

咳が続くとつらいものですね。

なるべく早く止めたい咳、体の温まる食べ物を食べて、のどが楽になる方法でゆっくり休むことをお勧めします。

この冬、この方法を覚えておくと重宝しますよ。

健康
スポンサーリンク
前へ向かって一歩

コメント