一人っ子の特徴を知ってよい点を伸ばしてあげよう

育児のお話あれこれ

子育てをしていると、色んなタイプの子供を見ますよね。

 

その中でも一人っ子は、どのように育てて行けばよいのでしょうか。

 

今回は、一人っ子の特徴と伸ばし方について考えてみました。

 

スポンサーリンク

一人っ子の特徴とはどのようなものか?

一人っ子の特徴ってそもそもあるのでしょうか。

 

一人っ子の性格というと、やはりちょっとわがままなところがある子が、多いようです。

 

兄弟が家に居ないので、自分の意見が通りやすく、自分の思うように物事が進むので、一人っ子はわがままになる傾向があるのでしょうか。

 

兄弟がいたら、弟妹の意見を優先してあげたりする気持ちや、自分の意見が通らない時があることは、経験済みですものね。

 

一人っ子の考えのまま大人になった時に、社会に上手く順応できない場合もあるようです。

 

兄弟が出来ると、自分だけのママでないことが分かり、競争する気持ちが生まれます。

 

しかし、一人っ子ならいつまでもママを独り占めにできますから、ついつい甘えん坊になりますよね。

 

そのことが、わがままにもつながるのです。

 

わが家の子供は3人兄弟なので、とても競争心の強い子たちになりました。

 

友達に一人っ子の子供さんがいますが、良い意味では平和主義、マイペースなところがある子供さんだなあ~と感じています。

 

兄弟がいない分だけ、一人で遊んだり集中して遊ぶことが多いようです。

 

一人っ子の良い点を伸ばしてあげましょう

一人っ子の良い点といえば、兄弟がいない分物を取ったり、悔しい思いをしていないので、穏やかな性格をしています。

 

ですので、自分がされてうれしかったことを、友達にも自然にできる性格を持っています。

 

一人でいることも、いつものことなので一人遊びが上手ですね。

 

ママにとっては、とても手がかからない良い子に映ります。

 

そんな中、困ったこと場合には、自分を理解してくれる大人といつもいる一人っ子は、どんな時も良いタイミングでしたいことをすることができます。

 

それで、他の子供達と一緒にいると思い通りに話ができなかったり、思い通りにできないと感じることもあるようです。

 

コミュニケーション能力が、兄弟のいること比べてあまり良くありません。

 

そんな、一人っ子は親も子供もマイペースという言葉でまとめられます。

 

親も子供のマイペースに付き合うのが一番です。

 

子供を受け入れて理解していくことで、自尊心が伸びていきます。

 

一人っ子は、自分らしさというものを小さいころから持っているので、そこを伸ばしてあげると良いかもしれませんね。

 

誰にでも優しく接することのできる一人っ子は、親からも多くの愛情を貰っているので、自由に育つことができますよ。

 

一人っ子特有の、頑固でマイペースな一人っ子の性格をよく理解して、プラスに考えてあげましょう。

 

競争心などは、一人っ子でも世の中に出ると自然と経験することですから・・・。

 

子供の良いところを、親が認めてあげるのがやっぱり一番ですよね。

スポンサーリンク


まとめ

今回は、一人っ子の特徴と伸ばし方についてご紹介してきました。

子供達の友達の中にも一人っ子のお友達がいます。

皆、わがままなところも少し見受けられますが、マイペースな子供が多いと思います。

兄弟がいない分、年下の子に接するのが不器用であったりしますが、良い性格の子たちです。

 

わが家は3人兄弟なので、自然と兄弟の間で良い意味で我慢することが身についています。

競争が激しく、けんかになることもしばしばですが、良い社会経験だと感じています。

 

一人っ子も子供の良い点を見つけて、伸ばしていくことが一番大切なのだと感じました。

 

子供は一人っ子でも、それぞれ色んな性格を持ち合わせています。

それぞれの子にあった子育てで長所を伸ばしてあげたいですね。

コメント