成田ゆめ牧場の見どころとお得な割引情報!

レジャー・観光

『成田ゆめ牧場』は、東京ドームの約7倍(約9万坪)の敷地面積を持つ観光牧場です。

見どころや割引情報もいっぱい・・・

バーベキューもできるし、動物好きにはたまらないよ~

 

明治20年から牛乳一筋で、ただの観光牧場の乳製品とは違います。。。

美味しさにはトコトンこだわりました。

と、公式ホームページにもある通り、みどころいっぱいの「成田ゆめ牧場」をご紹介します。

スポンサーリンク

成田ゆめ牧場の見どころ

見どころは、なんといっても体験型の牧場です。

乳牛の乳しぼりができたり、ポニーの乗馬(有料)、モルモットやうさぎなどの小動物たちとふれあうことのできる広場もあります。

 

ヤギに餌をやるコーナーでは、ヤギが高い柵の上を歩いていたりして驚かされます。

 

牛の乳しぼり教室は、1日2回開催されていますが、子どもたちに大人気で、中々番が回ってきません。

時間を確認した上で、早めに到着して並んでおく必要があるようです。

 

また牧場以外には、大きなアスレチック公園があり、ここで子どもたちは伸び伸びと遊ぶことができます。

さまざまな大きさの滑り台があったりして、かなり小さなよちよち歩きのお子さんから、小学生くらいまでの子どもが楽しむことができます。

 

更に敷地内には、キャンプ場もあり、牧場内の広々とした敷地内で、家族でテントを張って過ごしたり、バーベキューをして過ごすこともできます。

テントやバーベキューの道具は、すべてレンタルが可能なので、手ぶらで来ることもできるのです。

スポンサーリンク


成田ゆめ牧場のお得な割引情報

 

お得な割引情報は?

牧場への入園料は、大人(中学生以上)1,400円、小人(3歳以上)700円となっていますが、各種割引クーポンなどが利用できます。

 

JTBでは各種チケットがセットになった前売り券を販売しています。

 

JAF会員、タイムズクラブカード、HISクーポン、読売ファミリー・サークル会員などの会員証を提示するれば、大人と小人それぞれ100円引きにしてもらえます。

 

その他、雨の日(朝8時時点の成田市の降水確率と同じ%のの入場料を割り引き)、

汗の日(成田の最高気温が33度を超えた場合)、

氷点下の日(朝8時時点の成田の予想最低気温が氷点下の場合)、

 

といった天気に応じた特別割引もありますので、よく確認してから行くようにするのがおすすめです。

 

施設の基本情報

成田ゆめ牧場

千葉県成田市名木730

営業時間(9時~17時)
*最終入場受付16時、年中無休

 

アクセス情報、駐車場

車の場合は、(東京方面から:東関東自動車道大江JCTから圏央道つくば方面に進んで、「下総IC」(1つ目の出口)でおります。

信号を右折して道なりに進むと「成田ゆめ牧場」の看板が見えます。

 

電車の場合は、JR成田線「滑河」駅が最寄り駅。

東京駅から約100分。

滑河駅から成田ゆめ牧場までは、無料送迎バスが運行しています。

成田空港からもJR成田線を利用して滑河駅まで約50分。

 

駐車場には1000台の車が収容できる駐車場がありますが、土日や祝日は混雑して遠くの駐車場になるケースもあります。

交雑をさけるためには営業時間(9時)には到着しておいた方がよいでしょう。

ランチやお土産など

 

ゆめ牧場には、いくつかレストランや売店があり、そこでお昼を取ることができます。

牧場なので、やはり一番のおすすめはソフトクリームです。

成田ゆめ牧場で取れたての牛乳を使用しています。

 

牧場内のレストランには、国産肉を使用したバーベキューレストランで、お肉や野菜を焼きながらランチを楽しむことができます。

 

また、モッツアレラチーズをふんだんに使ったチーズ料理専門のレストランがあり、絶品のチーズランチを大自然の中でいただくことができます。

サンルーフテラスがとても気持ちいいです。

 

他にも本格派のピザレストランや、ファームカフェなどランチからおやつタイムは、何も持参しなくてもすべて牧場内の施設で楽しむことができます。

 

お土産には、ゆめ牧場で生産されたお菓子類、パン製品、ハム・ソーセージ、チーズなどの食料品や、動物のぬいぐるみやキーホルダーや小物などを牧場内の売店で買うことができます。

その他、乳幼児のお子さん連れの場合でも、牧場内のトイレなどに、おむつ替えや授乳場所が各所に設けられています。

コメント