うちの赤ちゃん風邪かしら?体調の悪い時の兆候と病院へ行くべき目安

育児のお話あれこれ

寒い日が続き、インフルエンザが今年も流行!というニュースを耳にするようになると、ついつい心配なのが、赤ちゃんの「風邪」ではないでしょうか?

大人は風邪薬を飲めばいいという頭がありますが、そうはいかないのが赤ちゃんです。

 

赤ちゃんの熱は、高熱になることが多く、あたふたしてしまうママさんも多いかと思います。

特に、母親からもらう免疫が切れてくると言われている6ヶ月を過ぎると、突発性発疹という、初めての発熱を経験する赤ちゃんが増えてきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの風邪

鼻赤ちゃんも大人の風邪と同じで、さまざまな症状が出てきます。

鼻水、くしゃみ、咳、食欲不振、下痢などがひき始めのサインです。

 

しかし、鼻水においては、風邪ではなくても出ることがあります。

無色透明でサラサラしている鼻水なら、風邪ではない可能性が高いです。

 

無色透明ではなく、黄色っぽかったり、緑がかった色をしていたりする場合は、ウイルスや細菌に感染している可能性があります。

 

放置しておくと鼻づまりの原因になり、呼吸がしづらくなるので、こまめに拭き取ってあげるようにしましょう。

 

【赤ちゃんの風邪の受診の目安】

風邪を引くと発熱しますが、これは風邪のウィルスや細菌と戦っている証拠でもあります。

赤ちゃんの体温は、平熱で37度以上ありますが、38度未満であれば慌てて病院に行く必要はありません。

 

風邪の引き始めで熱が出てきている場合、手足はやや冷えていて寒がっていることが多いので、衣服を1枚プラスする、スリーパーを着せるなどして温かくしてあげましょう。

また、39度以上の高熱がでたら、病院を受診するようにしましょう。

 

【赤ちゃんの風邪とインフルエンザ】

インフルエンザウイルスは、風邪のウイルスよりも強力です。

免疫力の低い赤ちゃんはかかりやすいですが、病気になり始めの段階では普通の風邪なのかインフルエンザなのか、なかなか分かりませんよね。

 

この時期は、いつどこでインフルエンザウイルスをもらってきてしまうか分からないので、風邪かな?と思ったら、とにかく早めの対応が必要です。

 

乾燥が気になるこの季節、赤ちゃんもそうですが、家族の方も風邪をひかないようにする予防策が必要ですね。

風邪のウイルスだけでも200種類以上と言われていますから。

スポンサーリンク


ほんとに風邪かしら?熱があるけれど・・・

赤ちゃんが熱を出したといっても、必ずしも風邪とは限りません。
風邪と紛らわしいのが、コレです。

 

あるいは【突発性発疹】かも?

突発性発疹は高熱が続くのが何よりの特徴です。

38度~39度、ときには40度と高熱が出ます。

突発性発疹は高熱が3~4日続き、熱の症状が改善してくると、全身に発疹が出るのが2つ目の特長です。

 

また、突発性発疹は、別名「不機嫌病」と呼ばれていて、発疹が出ている間は、赤ちゃんがぐずることが多いですが、そこは頑張って抱っこしてあげましょう!
(うちの場合は発疹2日目がぐずりのピークでした。)

 

「あれ?さっきまでとっても元気だったよね?」と思うママさんも多いでしょう。

咳や鼻水など目立った症状もなく、突然高熱が出る場合が多いので、生後6ヶ月を過ぎたあたりから、その日に備えておきましょう。

【突発性発疹の受診の目安】

突発性発疹の場合、あまりにも高熱が続くようなら解熱剤等が処方されますが、基本的にウイルス性の疾患に対する特効薬は存在しません。

なので、自然に熱が下がることを待ち、発疹が出るのを待ちます。

 

自宅でできることは、しっかりとした水分補給ですが、

・水分補給がうまくできない
・下痢がある
・吐き戻す
・4~5日経っても熱が治まらない
・ 2~3経っても発疹が治まらない
・38.5度を超える熱が続く

上記のような場合は病院への受診をオススメします。

 

a0726_000165-320x213

風邪と突発性発疹の違いって分かるの?

これは風邪の熱なの?それとも突発性発疹の高熱?と、分かりづらい場合があるかと思います。

高熱の時点では、突発性発疹なのかどうかの確定診断はできません。

しかし、高熱以外の症状がないのも特徴のひとつではあります。

 

風邪だとしても、突発の発熱だとしても、できることは同じです。

水分補給や汗をかいて濡れてしまっていないかなど、様子をみてあげてくださいね。

 

赤ちゃんの風邪は悪化してしまうと、肺炎を引き起こしてしまうこともありますので、心配だな、と思う場合は早めに病院で診てもらうようにして、赤ちゃんを風邪から守ってあげるようにしてくださいね。

コメント