赤ちゃんの靴を選ぶ時ーサイズの目安や素材は?年齢ごとのポイント

育児のお話あれこれ

赤ちゃんに靴を選ぶ時に、サイズや素材をどのように選んで行けばよいか?

迷いますよね~

意外と分からないママも多いかもしれません。

そこで、今回は赤ちゃんの靴を選ぶ時のサイズと素材を年齢ごとにご紹介します。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの靴を選ぶ時のサイズの目安、年齢ごとのポイント

 

赤ちゃんに初めて靴を履かせる時には、基本的につま先に5mmほど余裕のある靴がちょうど足に合うものとされています。

 

足の囲りを測り、足の幅に合ったサイズの靴を選ぶことも重要です。

 

赤ちゃんの足のサイズは、新生児から3ヶ月は8~11㎝、3ヶ月から6ヶ月は9~12㎝

6ヶ月から1歳半は11~13㎝1歳半から2歳は12~14㎝2歳から3歳は13~15㎝

 

のようになっています。

 

靴のサイズは、同じサイズでも会社によっても違ってきますので、靴下をはかせた状態できちんとサイズを合わせるようにしましょう。

 

お店で靴を靴を買う場合、必ずサイズを合わせてから購入したほうがいいですね。

 

わが家の場合も、子供達は歩き始めたらすぐに靴を購入しました。

 

店頭で足のサイズに合わせて靴を購入していましたよ。

 

長女は特に足が大きいので、普通サイズより少し大きめをいつも買います。

 

実際に店頭で測量してもらうのが一番ですね。

 

お店で、測ると店員さんからの色んなアドバイスを受けることもできます。

 

靴を洗う時のコツなど教えてもらえるので、とてもよいです。

 

失敗しないようにきちんと足の大きさを測ることが大切なポイント・・・

 

子供の靴選びは、足のためにもきちんと選んであげましょう。

 

赤ちゃんの靴を選ぶ時の素材について、年齢ごとのポイント

 

赤ちゃんの靴を選ぶ時の素材は、年齢ごとによって違います。

 

赤ちゃんが最初に履くファーストシューズは、素材素足の感覚に近い、柔らかい素材のものを選びましょう。

 

歩き始めから固いものを履いていると、足首など曲げにくく不自然な動きなどをしてしまいます。

 

また、デリケートな肌に、痛みや摩擦がかかってしまう恐れもあります。

 

初めて履く靴に、嫌がったりするのでは赤ちゃんが可哀想ですね。

 

そのようにならないためにも、肌に優しい素材のものを選ぶように心がけましょう。

 

赤ちゃんの足はとてもデリケートなので靴のインナーも良く確かめたほうがいいです。

 

縫い目の切り替えなどがあると、赤ちゃんの足が傷つきます。

 

なるべく平らで、足にやさしいのもにしましょう。

 

1歳から2歳頃になると運動量も増えてきます。

 

ですので、汗をかきやすくなります。

 

そのため、吸湿性、通気性の良いものを選びたいですね。

 

なるべくフィットして脱げにくいものを選びましょう。

 

すぐに脱げてしまうと転倒したりして、危ないですからね。

 

3歳までは柔らかの素材の靴がオススメですが、4歳以上になると蒸れにくい靴を選んであげることも重要です。

 

通気性の良いもの、菌が繁殖しないものを選びましょう。

 

年齢によって、合う素材も違ってきますので、子どもの年齢に適した靴を選ぶことで、足の健康を守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク


まとめ

 

今回は、赤ちゃんの靴を選ぶ時のサイズと素材を年齢ごとにご紹介してきました。

赤ちゃんの靴を選ぶことは本当に大切なことです。

赤ちゃんには、初めての靴になりますからよく選んで買ってあげましょう。

 

わが家の、長男は産婦人科からファーストシューズをプレゼントしてもらいました。

その履き心地の良さから、息子は靴が好きになりました。

次男にも、長女にもそこのブランドのファーストシューズを選びました。

 

すぐに大きくなって履けなくなるから・・・

子どもはすぐに汚したり、片方なくしたりしがち・・・

そう考えてしまうと、案外価格の高い子どもの靴は、もったいないような気もしますが、

子供の足のためにも将来もためにも、足のサイズをきちんと測り、合う靴を選んであげたいものです。

 

特に、素材は子供が大きくなるに従い変わっていきますので。

年齢に合ったサイズ素材を選ぶことは重要ですよ。

コメント