スマホが欲しい…と子どもに言われたら?考えてみたい注意点ー父親の本音とは?

お役立ち情報

スマートフォンやタブレット端末の普及率は、年々右肩上がりに伸びていますね。

いまや一人2台持ちも珍しくありません。

スマートフォンは常にネットに接続されており、動画、ソーシャルメディア、ネットゲーム、ネット通販など、時間を気にすることなく気軽に利用できるのでとても便利です。

しかし、便利に利用できる一方でネット依存やスマホ依存といった依存症の危険性や、匿名性を悪用した犯罪に巻き込まれるなどの危険性も指摘されています。

そんな便利と危険が表裏一体となっているスマートフォンを、我が子に使わせることに悩む親御さんは、多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

子どもにスマホを持たせるのは、いつから?

スマートフォンは直感的な操作で扱うことができ、音声認識機能があるので文字が読めなくても、文字入力ができなくても、簡単にネット検索ができてしまいます。

 

早ければ4歳(幼稚園年中)ぐらいから、自分の好きなアニメやゲームの動画を検索して見つけ出し、見ることができるようになるでしょう。

 

簡単に扱えるスマートフォンは、便利である一方で危険も伴うのは、近年の報道などからも感じるところではないでしょうか。

 

しかし、ここで勘違いをしてほしくないことがあります。

それは、スマートフォンが危険なのではなく、危険があるのはネット世界であり、この世界を作っているのは大人であるということです。

そしてそんな危険なネット世界に、簡単にアクセスさせようとするのが、大人の社会です。

このことを理解できると対応策も見えてくるかもしれません。

 

インターネットの危険性とメリットを、ちゃんと理解するだけでなく、悪い誘惑に負けない意思の強さを持てるまでは、スマホは持たせない方が良いと考える親御さんも多いことでしょう。

平衡のとれた考え方を持つべき

しかし「ネットアクセスは一切禁止」とするのは、「車は危険だから運転禁止」と同じぐらい現実的ではないでしょう。

 

逆に危険が多いネット社会を、自力で生き抜いていくスキルを身に付けておくことで、得られるメリットは大きいと考えるべきです。

 

例えば、現代社会において、情報過多のネット世界から、自分に必要な情報を取捨選択することができるスキルは、必要不可欠であるといえるのではないでしょうか。

 

グローバル社会を生き抜く力を養うためにも、多様性のある人間社会を身近に感じることができる便利ツールとして、LINE、Facebook、Twitter、InstagramのようなSNSを使わない手はないと思う人もいます。

 

まさに、危険が伴う車でもその危険性を十分理解し、うまく使いこなして便利な社会になっているのと同じことが言えますね。

スポンサーリンク


まとめ

スマートフォンは、便利と危険の表裏一体であるということを忘れずに・・・

しかし、使わないことによる機会損失と、使いこなすことによって得られる様々なメリットを比較して、子どもに持たせるかどうかを考えてほしいです。

 

現代社会において「危険だから一切禁止」とするのも、極端な考え方だと思う方も多いと思います。

 

危険性を十分認識し、自力で危険回避ができるような、ネット社会を生き抜く知恵を与えるのが、親の使命ではないでしょうか。

 

これは実社会で「危険な街には近づかない」「悪い人とは関わらない」「うまい話には必ず裏がある」といったことを教えているはずだから、同じことをネット社会でも実践させればよいと思います。

 

最後に、スマートフォンを持たせるタイミングについては、必要に迫られたり、周りの友達が持ち始めてからでよいのではないでしょうか。

 

それまでは、親のスマートフォンや、自宅のタブレットでネットとうまく付き合う方法を身につけさせておけば、いつ持たせても危険な目に会うことはないはずです。

コメント