海遊館へのアクセスと楽しみ方!

レジャー・観光

大阪観光では有名な「海遊館」。

アクセスも良く、一日楽しめます。

家族連れでも、ひとりでのんびりとでもいいですね!

今回は、海遊館へのアクセスやおすすめのお土産などをご紹介します。

スポンサーリンク

海遊館の営業案内・アクセス

営業時間は?

10:00~20:00

※ 最終入館は閉館の1時間前まで

 

海遊館へのアクセス

電車の場合

大阪メトロ「大阪港駅」1番出口より徒歩約5分

 

バスの場合

大阪市バス「天保山ハーバービレッジ」下車すぐ

※大阪駅からは88系、なんば駅からは60系で「天保山」行き

 

南海バス「海遊館(天保山)」下車すぐ※土日祝のみ運行(夏期は毎日運行)

 

関西国際空港発 リムジンバス「天保山(海遊館)」下車すぐ

 

自家用車の場合

阪神高速湾岸線・大阪港線の「天保山出口」からすぐ

 

海遊館の駐車場

大型駐車場完備で、メイン駐車場は海遊館・天保山マーケットプレース地下にあり、各施設に直結で入れます。

ベビーカー利用時や雨天時にも便利な、海遊館の天保山駐車場をぜひご利用ください。

 

駐車料金

普通車(天保山駐車場)平日200円 / 30分[最大料金 1,200円]

土・日・祝日 ※1月1日~3日、4月28日~5月6日、8月11日~19日を含む

250円 / 30分[最大料金 2,000円]

 

  • 駐車台数 1300台(臨時駐車場含む)
  • 営業時間 8:00~23:00(出庫は0:00まで)

スポンサーリンク


海遊館に入館しましょう

環太平洋火山帯と、環太平洋生命体をメインテーマにしていて、環太平洋を模した大きな水槽を螺旋状に見ていくというコンセプトは、オープン当時、かなりの話題を呼びました。

 

アクアゲート

海底トンネルのようになっていて、ドーム状の水槽を、180度の方向に見ることが出来ます。海の中にいるかのよう。魚の群れが頭から降って来るような感覚はやみつきになりますよ!

キイロハギや、サクラダイ、等の色とりどりの魚が見られます。

 

大水槽を見てみると

・日本の森

日本の森林を再現し、水辺の生物、渓流の魚類と合わせて、生態系を展示しています。

コツメカワウソ、オシドリ、サワガニなど、日本の森を再確認出来るコーナーです。

 

・モンタレー湾

アメリカ・カリフォルニア沿岸には、海棲(かいせい)哺乳動物の住処です。

カリフォルニアアシカ、ゴマフアザラシが見られます。

日本の水族館でも人気の哺乳動物。

その大きさと、愛らしさに近づいてみてください。

 

・パナマ・エクアドル熱帯雨林

アカハナグマ・カピバラ・ピラルク・レッドテールキャットフィッシュなど。

 

・南極大陸

オウサマペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギンがみられます。

オウサマペンギンは夏は抱卵をして起立していますが、中には違うものを抱いていることも・・・

よく観察してみて下さいね。

 

・タスマン海

タスマン海は、温暖の差が激しいのですが、温暖な水域に住んでいるのがカマイルカです。

 

・グレート・バリア・リーフ

ハタタテダイ、トゲチョウチョウウオ等。

正面から見ると、平べったい形になっているのが特徴の魚が多く見られます。

 

・太平洋

大人気のジンベエザメ。

12mにもなる世界最大の魚類のサメの仲間です。

勇壮に泳いでいる姿は、見る者の目を離しません。

 

他にも、イトマキエイ、ヤジリエイが海底にいるところ、マアジが群をなして泳いでいるところは、見どころです!

海の雄大さ、懐の深さを感じさせることでしょう。

 

・特設水槽

瀬戸内海のマダコ、伊勢海老、ヒラメ、イシダイなど、おなじみの魚が飼われています。

マンボウ、チリの岩礁地帯に住むカタクチイワシ、クック海峡のアカウミガメ、日本海峡のタカアシガニなど、

太平洋以外の生き物を見るなら、こちらです。

 

・クラゲ

ふあふあクラゲ館が2018年3月に、海月銀河としてリニューアル。

漆黒の空間に、キラキラ漂う無数の美しいクラゲを展示します。

まるで銀河の中を浮遊しているかのような体感を感じて下さい。

 

夜の海遊館も魅力いっぱい

午後五時からは、光と音で演出された、もう一つの海遊館が楽しめます。

幻想的な空間をぜひお楽しみ下さい。

 

海遊館ホームページ
https://www.kaiyukan.com/

グルメ・お土産など

ドリンクスタンド SEA SAW(海遊館エントランスビル2F)

気軽にジュースや挽きたてのコーヒーを楽しめます。

海遊館限定販売の「ジンベエソフト」もご用意しています。

 

ジンベエソフトは、人気者ジンベエザメを模したミックスソフトクリーム。

見た目はまさにジンベエザメ!

青のラムネ味と白のバニラのグラデーションにアラザンサメの模様のようで、いつまでも見ていたくなるソフト。

味ももちろん美味しいです!

 

海遊館オフィシャルショップ(海遊館エントランスビル3F)

ジンベイザメのショルダーバッグや、かわいいぬいぐるみ、ステーショナリーなどが揃います。

海遊館オリジナルのガチャガチャでは、ペットボトルキャップも。

ジンベエザメ、マンボウ、オウサマペンギンに、最近人気のダイオウグソクムシもあり、どれが出てくるのか楽しみですね。

 

海遊館の周辺には、天保山ハーバービレッジとして、天保山マーケットプレイス、天保山大観覧車、なにわ食いしんぼ横丁と、

買い物もグルメも楽しめる施設がたくさん。

海遊館の前では、パフォーマーによる、大道芸も行われています。

ぜひ、一日、天保山で楽しいひとときをお過ごし下さいね。

コメント