就活は髪型で第一印象をバッチリ決めよう!-男性編

お役立ち情報

学生の皆さんが就活をする際に意識している事のひとつは「どうやって好印象を持ってもらうか」ということだと思います。

一般的に人の第一印象はほんの数秒で決まるとも言われています。

 

それで、履歴書に貼り付ける顔写真、面接官と対面した時、場合によっては会社に訪問し、会議室など面接選考の部屋に通されるまでのわずかな時間など、面接が始まる前に第一印象が決まってしまうといっても過言ではありません。

 

この「第一印象」に大きく影響を与える要素として「清潔感のある身だしなみ」「若々しさ」「爽やかさ」「元気の良さ」などがありますね。

今回は男性の就活生にターゲットを絞って、履歴書でも面接でも企業側にチェックされる「髪型」について触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

就活男性の髪型のポイント

男性の就活生が気を付けたい「髪型」について3つのポイントがあります。

 

 髪色

髪の毛の色はやはり「黒」が良いでしょう。

オシャレのためにヘアカラーを使っている人もいらっしゃいますが、就活の際には選考先の企業風土や、面接官の好みなど賛否が分かれるところなので、自然な「黒」が無難です。

 

 長さ

男性の場合はフレッシュ感のある「短髪」で、前髪が目にかからない、サイドは耳が隠れないほうが良いでしょう。

 

会話をしている最中に髪を触る人をよく見ますが、この仕草が面接の際に出てしまうと「話題に集中していない」「他者の話を聴いていない」「容姿ばかり気にしている」という印象を与えてしまうので、髪を触らずに済む長さにしておいた方が良いです。

 

 ヘアスタイル

ヘアスタイルは「寝ぐせなどがなく整っている」ことが大事です。

適度に整髪料を使って整えるようにしましょう。

 

社会人になってしまえば、新入社員であっても会社の代表として、社外の人たちと接することになるため、就活の段階で寝ぐせを放置してしまうような、ずぼらな性格は敬遠されることになります。

学生生活と社会人とは違うという認識を!

以上、就活での髪型について見てきましたが、対面する相手の世代によって「清潔感のある身だしなみ」の定義は、年々変化しています。

 

それで、就活時点においてどの程度が良いのかを両親、親戚、アルバイト先の上司など様々な年代の人達にチェックしてもらうと良いでしょう。

 

また、髪型だけでなく服装や姿勢なども意識をしてトータルで不自然にならないように心がけましょう。

 

最後に、就活だけでなく社会人になってからも身だしなみが整っているのは当たり前とみなされます。

 

身だしなみが整っていること自体がプラス評価になることはなく、逆に身だしなみができていないことのほうが、大きなマイナス評価につながってしまう可能性があります。

 

身だしなみを整え、無駄なマイナス評価を確実に回避するのは必然ですね。

そして、それ以外の「志望動機」「応募した企業に対する熱意」「やりたいことを実現するにはこの企業しかないという熱意」といった部分に、意識を集中させるようにしましょう。

コメント