半身浴の効果とやり方!心もカラダもポッカポカに

健康

「半身浴の効果とやり方はコレ!心もカラダもポッカポカに」

ダイエットにも、デトックスにも効果があることから、多くの女性に人気の半身浴。

寒さの厳しいこの時期は、体が冷えて、血行が悪くなり、その後代謝が悪く老廃物が溜まりがち!

肩までしっかりと温まることも大切ですが、心臓への負担を軽くする半身浴で、しっかりゆっくり汗をかいて、デトックス効果を実感してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

◆半身浴の正しいやり方◆

お湯の温度:38~40度

お湯の量:みぞおちの辺りまで浸かる程度
※体の芯まで温めるために、ぬるめのお湯にしましょう。

熱すぎるお湯は、体の表面だけを温めてのぼせやすいと言われています。

 

1、浸かる部分にかけ湯をしてから湯船へ

腕や上半身が濡れてしまうと、半身浴中に冷えてしまい、効果が半減してしまう原因に。

お湯に浸からない部分が濡れてしまったら、タオルなどで拭きましょう。

 

2、冷え対策のタオルを肩にかける

浸かりはじめは特に上半身が冷えやすいため、乾いたタオルをかけて冷え対策をしましょう。

浴室暖房や温かいシャワーであらかじめ浴室を温めておくのもオススメです。

 

3、お湯が冷めたら足し湯などで温度を調節

浸かっている間にお湯の温度が下がり体が冷えてしまいます。

お湯の量を調節しながら足し湯や、追い炊きで温度を保ちましょう。

湯船のフタを閉めて首だけ出るようにして入ると、お湯も体も冷えにくくなりますのでオススメの方法です。

 

4、湯船の中で軽くストレッチ&マッサージ

湯船に浸かりながら、気になる部分をマッサージしましょう。

冷え対策や、むくみ対策にオススメです。

※無理に体を動かしすぎると、のぼせたりすることもあるので軽めのストレッチがオススメです。

 

5、入浴時間の目安は20~30分

汗が出てきて気持ちが良いと感じる程度の時間で浸かりましょう。

 

6、入浴中、喉が渇いた時は、常温の水を飲む

200ml程度(コップ1杯くらい)を目安にすると良いでしょう。

 

people-1316266_640-320x220

 

 

◆半身浴の前に準備すること◆

1、水分補給用の水

お風呂場に持ち込む用の水です。

常温の水をペットボトルなどに入れると良いでしょう。

 

2、乾いたタオル

半身浴中に体が冷えないように、肩に掛ける用のタオルです。

体が冷えやすい方はタオルを用意しましょう。

 

3、入浴の30分前にコップ1杯常温の水を飲む

半身浴で汗が出るので、入浴の前に常温の水で、しっかり水分補給をしておきましょう。

スポンサーリンク


半身浴は、日々のお風呂の入り方を少し変えるだけなので、とても簡単ですよね。

けれど、なかなか上手く汗が出ない!

ダイエットに効果がなかった!

という女性は少なくありません。

正しい半身浴を行えば、ちゃんと効果はあります。

 

最初にもお伝えした通り、半身浴は、体の血行を良くし、リンパの流れや代謝を良くすることから、脂肪が燃焼しやすくなります。

また、女性に多い、冷え性改善の効果もあるのがこの半身浴です。

 

ただし、間違ったやり方をしてしまうと、デメリットのほうが大きくなってしまうことも。

場合によっては、のぼせ等から、命の危険すら出てきてしまいますので、正しい方法で、是非半身浴を楽しんでみてくださいね!

 

12月に入ると、寒い日が続いていきます。

半身浴を習慣づけ、体を心から温めることにより、冷えにくい体を作り、この寒い冬をぽかぽかで乗り切ってください。

安全で正しいやり方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

健康
スポンサーリンク
前へ向かって一歩

コメント