松山観光は坂の上の雲ミュージアムがおすすめ!小説を知らなくても楽しめる

レジャー・観光

おすすめの穴場観光施設は坂の上の雲ミュージアムです。

この施設は、司馬遼太郎の人気小説である「坂の上の雲」に関する展示が行われているミュージアムです。

しかし、小説の方を知っていなくても楽しめる内容になっていて、子供から大人までお勧めできます。

スポンサーリンク

坂の上の雲ミュージアムの基本情報

 

坂の上の雲ミュージアムは、午前9時から午後6時半の開館となっていて、入館は午後6時まで受け付けています。

休館日は毎週月曜日です。

 

観覧料は高校生が200円、高齢者も200円、一般の場合は400円となります。

団体割引が適用されると一般と高齢者が2割引となり、高校生は半額で観覧できる仕組みになっています。

中学生以下や身体障碍者手帳をお持ちの方、またその介護を行う方は無料です。

いずれにしてもリーズナブルな観覧料となっています。

 

館内ではフリーWi-Fiが利用できます。

車いすやベビーカー、歩行器なども用意されています。

 

アクセス

JR松山駅や道後温泉から電車で大街道まで行き、徒歩2分というアクセス良好な立地にあります。

松山空港や松山観光港からは、リムジンバスが出ています。

 

一般来館者用の駐車場が用意されていないので公共交通機関で訪れることをおすすめします。

車椅子を使用している方向けの駐車スペースは5台分用意されています。

スポンサーリンク


坂の上の雲ミュージアムは小説を知らなくても楽しめる

 

この施設のおすすめの展示の1つに、ビジュアルギャラリーがあります。

これは坂の上の雲ミュージアムのオリジナル映像を観ることが出来るコンテンツであり、小説を知らない方でも内容を知ることが出来ます。

また、作品の時代背景も知ることが出来るので、幅広い方々が楽しめる内容となっています。

 

そのほかにもDigital Museumやフォトギャラリーなど、気軽に楽しみやすいコンテンツが多いのもこの施設の特徴です。

本格的に坂の上の雲の世界に触れたいという方に向けては、資料も用意されています。

小説を知っている方はもちろん、知らない方も小説を読むきっかけになるかもしれません。

 

この施設の見どころのポイントとして、頻繁に開催されているイベントがあります。

例えば土曜日にはコンサート、連休中にはテラス解放デーなどがあり、この施設をさらに楽しめる要素が盛りだくさんです。

坂の上の雲ミュージアムおすすめイベント

 

貴重な体験ができるイベントとして人気なのが「錦絵版画体験」です。

このイベントでは、坂の上の雲の時代や、その登場人物をテーマにした版画の多色刷りを体験できます。

A、B、Cの3つのタイプが用意されており、価格はAとBが300円、Cが100円となっており驚きの低価格となっています。

AとBに関しては、利用日の前日までに電話で申し込んでおく必要がありますが、Cタイプに関しては事前の申し込みが不要です。

 

「坂の上の雲ミュージアムレター」も、この施設で人気のイベントの1つです。

これは未来の自分や大切な人、家族に手紙を送れる内容になっています。

ミュージアムカフェにて手紙を書くことが出来、オリジナルレターセットが受付で販売されているので安心です。

手紙には思い出の写真も同封できるので、用意しておくのも面白いかもしれません。

手紙は実際に専用ポストに投函するので、いつ届くか楽しみです。

 

オリジナルレターセットを利用した場合でも、料金は400円となっており、こちらも気軽に楽しむことが出来ます。

預かったもらう期間は、1から5年のうちから選択します。

 

坂の上の雲ミュージアムは、その名前から小説を知っている方向けと勘違いされることもありますが、実際には小説を知っているかどうかに関わらず、楽しむことが出来ます。

料金は格安なので、何をしても大きな負担にならないのも特徴といえます。

本格的に坂の上の雲について調べたい方が楽しめるコンテンツもあるので、色々な方にお勧めできます。

コメント